失恋、よく口にしたり、耳にしたりする言葉ですが、何かと尋ねられたら、あなたはどんな風に答えますか。

FrontPage

失恋

恋愛の悩みから「どうして良いか分からない」「何も手に着かない」というご相談者様も多かったため、その中で恋愛戦略を考えていくプログラムを作りました。

>> 失恋からの復活


失恋

失恋、よく口にしたり、耳にしたりする言葉ですが、何かと尋ねられたら、あなたはどんな風に答えますか。失恋とはというテーマで、一筆コラムを書いて欲しいと頼まれたのですが、正直ちょっと困ってます。余りに身近すぎて、意外と真剣に考えた事のないテーマだからです。それに失恋というのは、その時々で大きさも形も違うもの、具体的な形式なんかないですからね。私的には、遭遇して初めて真剣に向き合う言葉の一つだと思います。

失恋というのは、まあ、なるべくなら遭遇したくないものでもありますし、実際に遭遇してみないと、どういう物か判らないじゃないですか。いえいえ、恋を失うことであるというのは判っていますけどね、ただ、ただ単に恋という言葉だけを失うものなのか、感情を失うものなのか、はたまた人を失う物なのか。失恋と一口に言っても、まさにケースバイケースで、その内容も対処法も変わってきますよね。失恋とは、恋愛を失うものだが、実際には失っていないのが本当の失恋である。だからこそ、失恋は、時に自らの命を失うほどつらく悲しいものなのだ。昔、友人男性の一人が、ある宴席でこんな気障な事を言っていましたね。それこそ失恋した友達を励まそうという会だったのですが、その時は、全然慰めになっていないじゃんって思いました。ところが、その言葉をもらった友達は、誰よりも自分の気持ちを一番よく判ってくれたと喜んでいました。確かにそう、失恋してつらいのは、本当に恋愛や恋人の事を自分の心の中から消せないからなんですよね。まあ、それだけ素晴らしい恋をした、あるいは素晴らしい人と付き合っていたという事にはなるのでしょう。そう考えると、将来しっかりと失恋出来るような恋をしておく事も大事なんだなぁっと思いますね。

失恋とは、そんな畏まったタイトルでコラムを書くのは難しいし、無理に書く必要もないんじゃないかなぁ。学生時代のその出来事を思い出して、今回の失恋コラムの中身が少し見えて来たような気がしました。勿論自分にもそれなりの経験はありますし、そうした事をストレートに文字にしてみようかなぁっと思っています。それにね、いろんな方のブログやサイトの中にも失恋という2文字は取り上げられているじゃないですか。男女や年齢からピックアップして、いくつか読めばきっといい参考になると思うんですよね。それにこれはここだけの話ですけどね、人の不幸は面白いと言われる通り、人の失恋話も面白いものなんですよね。これまでにもいろいろ読みましたが、時には、ワンワン泣いちゃう事もありますが、時には思い切り笑っちゃう事もあります。だからこそ失恋は奥深く、小説やドラマのテーマとしては最適なのでしょう。いくらでも話を膨らませるし、益々落ち込む事も、心機一転、自分自身が大変身するきっかけにもなります。世の中には、失恋して僧侶になったという男性や、修道女になったという女性もいる位です。なるべくなら遭遇したくはないけど、遭遇したらしたで、自分自身を磨き、成長させられる物、それが失恋なのではないでしょうか。




a:4470 t:1 y:3

powered by Quick Homepage Maker 4.21
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

QLOOKアクセス解析